電子出版式「シンプルブランド高単価」実践マスターコースは起業事業の悩みを小田純也氏と解決する方法

起業を考えている人、事業での悩み問題を抱えている方は多いはず…

特に『差別化』『顧客』『商品単価や利益率』を考えている方は、今回の小田純也氏の『電子出版式「シンプルブランド高単価」実践マスターコース』で電子書籍を使った方法で、問題解決してみてもらいたいと思います。

 

目次

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースはスキルの強みはあるが収益化できない人おすすめ

 

 

電子出版式シンプルブランド高単価では、現在、自分自身でスキルや商品、サービスを持っている方は、特におすすめな方法です。

起業を考えている方に多いのが、スキルという強みはあるのに、商品やサービスという形にうまくできず、なかなか起業することできない状態の方。

また起業して、事業をすでに持っているが商品やサービスの売り上げが伸び悩んでいて、頭打ちを感じているという方

こういった悩みを解決する手段として、電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースを取り入れてもらいたいです。

 

電子出版式シンプルブランド高単価は無名の起業家でも実践すれば成果につながり飽和した業界も問題なし

 

 

世の中のほとんどの業種では、ライバルとなる人や企業が存在し、場合によっては業界自体が飽和しています。

そういった飽和した業界の中に、無名の起業家がいきなり参入したとして、収益を出すのは難しいです。

また成果を出したとしても、5年後、10年後と先を考えてみて、生き残れるのか不安があると思います。

こういった不安は、起業や事業でだれもが感じる悩みです。

しかし、電子出版式シンプルブランド高単価を実践して、飽和した業界でも差別化を行うことで、顧客から選ばれる専門家として、長く安定して仕事を得ることができます。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースは士業・コーチ・コンサル・講師・先生業でも活躍

 

 

電子出版式シンプルブランド高単価では、成果の出る業種や職業が決まっているのでは?という考えをお持ちの方もいます。

しかし、電子出版式シンプルブランド高単価では、業種や職業は関係ありません

むしろ、上記のような「士業・コーチ・コンサル・講師・先生業」では、より効果を発揮して成果につなげることができます。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースはアマゾンランキング1位を取ってより成果に!

 

 

『電子出版式シンプルブランド高単価』実践マスターコースでは、文字通り電子書籍を出版する方法を用いるのですが、ただ電子書籍を出版するだけではありません。

Amazonキンドルでランキング1位を獲得することで、ブランディングを構築して、最大限に差別化につなげていき
さらには、20〜100万の高単価商品を販売につなげることが最大のポイントです。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースは実績ゼロでも権威性とブランドが手に入る!

 

 

飽和した業界の中で、どのように選ばれ差別化される存在になればいいのか?とても重要なことです。

具体的な差別化のイメージについて例えてみます。

 

学校で「わからなかった宿題の問題」があったとします。

次の授業では、この宿題の問題を発表しなければいけません。

あなたは、誰に問題を聞きますか?

アンサーは当然ですが、「問題がわかる人に答えを聞く」はずです。

この問いの答え聞く人は、答えをを知っていれば、誰でもかまわないはずです。

 

しかしあなたは、この時に答えを聞くのは

・答えを知っている仲の良い友人

・成績が優秀なクラスメート

どちらかに絞るはずです。

この際の「仲の良い友人」「成績が優秀なクラスメート」を選ぶには理由があるはずです。

それが、クラスで答えを知っている人間が、何人もいるのに、聞く人間を選んだ理由は、『権威性』『ブランド』からくる安心と信用を感じているからです。

 

自分が、仕事の依頼や、商品やサービスの購入を検討中に、上記例と同様に「安心できる」「信頼できる」人間から購入をしたいと思うはずです。

 

この際に、実績ゼロの起業家の方からのい購入を選ぶには、信用という点で不安を覚えるはずです。

そこで、電子書籍を出版することで、専門家としての『権威性』『ブランド』が構築されます。

 

電子書籍を発行することで、サービスや商品を求める顧客に、「本を出版されている専門家」という安心感を与えて、信頼して購入してもらえることができます。

自分が本を出版した専門家というブランディングによって、飽和した業界の中でも埋もれずに、選ばれる人間になれます。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースでブランディングをして高単価商品を作る方法とは

 

 

電子書籍を出版するというポイントについては、上記でお話をしてきました。

 

こちらでは電子書籍を発行するまでの注意点と「高単価商品20万円~100万円位」について説明をしていきたいと思います。

 

こちらは、既に商品やサービスを持っている方におすすめな方法だとおもいます。

飽和した業界では、商品やサービスを購入してもらうために、自然と「価格競争」が始まります。

大きな資金や財力を持った企業であれば、価格競争による「薄利多売」の中でも、体力があるので生き残れる可能性が高いです。

 

しかし、個人事業主の方や中小企業で、資金や財力が限られている場合、薄利多売の価格競争は、体力消耗が激しく、いずれ競争の中で追い詰められてしまいます。

こういった、価格競争に巻き込まれないためにも、『高単価商品』を構築していく必要があります。

商品単価を上げることで、大きく利益率を上げることができます。

例えば、1回2万円の商品やサービスを5人に販売すると10万円の売り上げになりますが、

1回20万~100万の商品を1人購入されれば、20万円の売り上げ、100万円の高単価商品であれば、1人購入で100万円の売り上げになります。

高単価商品を作ることで、利益が上がって時間が作れるようになります

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースは3つのSTEPで商品販売の形を構築!

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースを、学び実際に、どのようにして、高単価商品まで実践するのかわからないと思います。

実践マスターコースの流れは、3ステップでなっています。

その3つのステップの流れをみてみましょう。

 

STEP1 電子書籍で差別化をする

 

お客様は、自分の求める商品やサービスの違いを、把握していないことが多いです。
そこで、電子書籍を作ることで、ライバルとの差別化を図ります。

自分が『どのような専門家なのか?』『どのような商品やサービスを提供できるのか?』であるのか、権威性はもちろん、専門家として信頼できるという高い価値で差別化をすることができます。

STEP2 売れる商品やサービスをパッケージ化する

 

自分の持っている商品やサービスを、より価値のあるものへと高めていきます。
高単価商品を作ることで、利益率の高い商品にすることができます。

また価値のある商品で重要なポイントは見せ方です。
いくら優れた商品やサービスであっても、理解や興味を示してもらえないと意味がありません。
高額単価商品を作るのはもちろんですが、お客様に、まず興味をもってもらえる商品を作ります。

STEP3電子書籍で差別化をして成約率を高めて販売

 

電子書籍で差別化をすることで、お客様目線で専門家として価値のある商品を提供できる人間だと認識されます。
専門家としての高い価値によって、『20~100万円』の高単価商品を販売しても、高い成約率で購入してもらうことができます。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースではKindleで売れる本づくりをサポート!

 

 

「電子書籍が有効なのがわかったから、電子書籍を作ろう!」このような気持ちがあってもいざ取り組んでみると、勝手が変わらず挫折してしまうと思います。

電子書籍は、紙の本に比べて出版までの敷居は低いですが、まったく簡単に出版まで行くわけでもなく、さらに本を作って売れるかというそういうわけではありません。

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースでは、Amazon Kindleでの、本の書き方や出版の方法はもちろん、どのようにしたら、本を購入してもらえるのか?

アマゾンKindleランキングで1位を獲得する方法まで、STEPごとに説明をしています。

あとは、STEPに合わせて、本を出版を行うだけでいいんです。

「ランキング1位を獲得した専門家」と、「本を出版した専門家」では、当然ランキング1位を獲得した専門家のほうが権威性があります。

飽和した業界で、存在をしっかりとアピールして、差別化を図るのではあれば、このブランディングは大きいと思います。

このような強力なブランディングを獲得できるのが電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースがおすすめな理由の1つです。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースは高額商品が売れる仕組みを構築する

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースでは、ただ電子書籍を出版して終わりという話ではありません。

電子書籍は、差別化とブランドを身に着けるためのものです。

ここからマネタイズをして、高単価商品の販売までの道を構築していく必要があります。

 

「高単価商品といっても、どのようにして作ればいいのか?」頭によぎる方も多いはずです。

なかなか高単価商品と知っても、作るのは難しいと思います。

そこで、電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースではメンターとして小田純也氏が、自身の経験と実績から商品づくりのお手伝いをします。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースで小田純也氏がオーダーメイドで商品づくりサポート

 

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースでは、小田純也氏が実際に、高単価商品をサポートします。

商品はただ作るだけでは、売ることができません。

例えば、書店で何気なく本を手に取る場合、どのような本を手にしますか?

表紙や帯を見て気になって手に取ってしまったのではないでしょうか。

 

このように、商品の内容の質が高いのは当然ですが、『お客さんが求めていて、魅力的で気になってしまう商品やサービス』これが高単価商品になります。

 

この魅力的な商品というのは、すぐに作れるわけではありません。(それだったら誰もが高額商品を作れちゃいますねw)

そこで、電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースでは、小田純也氏が経験と実績から、売れるための商品づくりをオーだメイドでサポートします。

まさに、あなただけのオリジナル商品です。

オンリーワンの商品で、魅力的で高品質だからこそ、高単価商品としての価値が生まれます。

あなたの商品にぜひ、最高の価値をつけて、高単価商品を作ってみてください。

電子書籍は単体であっても利益を生みますが、さらに高単価商品と組み合わせることで、何倍もの利益を生み出すことができます。

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースなら、その両方が手に入れることができます。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースで得られるメリットとデメリットとは

 

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースについて、お話をしてきましたが、ポイントとして、どのようなメリットやデメリットがあるのか?

電子書籍を作ることで得られることや、高単価商品を作ることで得られることについて、改めてまとめて行きましょう。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースで業界のライバルと差別化をしてアピール

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースは、まず電子書籍による差別化ができます。

同じ業界では、ライバルが数多くいますが、電子書籍を出版することで、信頼されて選ばれる人間になります。

選ばれることで、どんどん仕事のキャリアが積みあがっていきます。

やがてそれが、実績という形になり、揺るがない目に見える形でより差別化につながっていきます。

ただし、電子書籍については、ただステップに沿って作るだけではいけません。

信頼されるだけの内容を盛り込んだ本であることが前提になります。

内容が薄い本や、あいまいな内容であれば酷評のレビューなど逆に、差別化やブランディングを傷つける原因としてデメリットになることがあります。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースでブランディングをするとお客様からお願いされる

 

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースによって、Amazon Kindleランキング1位を取ると、仕事につながりやすくなります。

キンドルランキング1位という、ブランディングによって、お客様が自ら選んでくれる形になります。

高単価商品以外にも、仕事につながるという点で大きなメリットになります。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースでは高額商品の作り方と販売する仕組みを学べる

 

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースでは、高額商品を作るだけではありません。

どのようにして、高額商品を販売していけばいいのか、マーケティングについての情報も学ぶことができます。

マーケティングを自分自身で学ぶことで、自分で今後、商品やサービスを提供する場合に、どのようにして販売を進めていけばいいのか、実践で学んだことを再現して販売をすることができます。

マーケティングの形は、昔から大きく変わってはいないので、長く使えるノウハウなので電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースで学べることが、今後の利益に大きく左右します。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースは再現性が高く、ランキング獲得者が多数続出

 

 

『電子出版式シンプルブランド高単価』実践マスターコースは、再現性が高く、本を出版した受講生全員が、ランキングに入っています。

受講して、本を出版したら終わりという、コンサルは数多くあります。

しかし、しっかりとランキングが獲得できるようにフォロー、サポートして、なおかつ20万円~100万円の高単価商品を作り販売する。

この一式の流れこそが、電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースのメリットです。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースの評判や口コミとクライアント成果は?

 

さまざまメリットなどお伝えしましたが、実際に、成果を上げている人がいるのか?

口コミや実績の成果こそが、本物だと証明できると思います。

 

実際に受講された方を見ると、アマゾンランキング1位も1つの部門だけではなく、いくつもの部門を獲得されている方ばかりです。

さらに、出版から先の、高単価商品の販売で多くの方が、高額の売り上げを達成することができています。

 

 

実際の、受講された方の意見がこれだけあると、実際に成果につながるコンサルなんだと理解できると思います。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースを受講した成果や効果について

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースを受講した方は、

・初セミナーで、会場を埋めての講演ができた

・新規案件を受注

・初めてのwebセミナーで収益を上げる

・1件100万円以上の案件受注

 

このようにしっかりと成果や効果を取られています。

驚くは、この成果はほんのひとつまみ程度でしかないということ!

それだけ、ビジネスにとって相性が高いのがこの電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースなんです。

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースは無料オンラインプログラムで企画募集の参加から

 

電子出版式シンプルブランド高単価実践マスターコースについて、説明をしてきましたが、いざ、自分も参加してみたい!という方もいるはずです。

そのような方には、まずは電子出版式シンプルブランド高単価「無料オンラインプログラム」に参加して、現在抱えている悩みを解決してみてはいかがでしょうか?

 

詳しくは、下記のリンク先をご確認ください。

↓ ↓ ↓

>>電子出版式シンプルブランド高単価無料オンラインプログラム<<