LINE@は使い方と自動集客の仕組みが作れる配信型マーケティングツールとしておすすめな方法

 

LINEには、ビジネス向けのツールとして『LINE@』というLINEとは異なるツールが存在します。

使い方は、普通のLINEとは違い、配信型のマーケティングで使います。

LINE@を利用することで、自動集客の仕組みを作ることもできます。

現在、プッシュ型マーケティングのでも一番おすすめなツールなのがLINE@です。

今回は、LINE@について細かく説明をしていきたいと思います。

 

目次

LINE@の使い方なら個人から店舗でも利用できる

 

最近では、店舗でもLINE友達登録が増えてきました。

これこそLINE@への登録なのですが、店舗として登録してもらうことで、定期的にセールスメッセージを送ることができるというメリットがあります。

また、個人でも同様に利用が可能で、メルマガ感覚で利用したり、URLを添付して、特定のページに移動したり使い方は様々です。

さらに、普通のLINEと同じように、個人同士でもメッセージのやり取りが可能です。

お悩み相談やメッセージに対しての応答など、顧客の感情を直接知ることができます。

 

LINE@の使い方なら企業は大きな利益を上げることができる

 

 

企業でよく使われる方法として、無料のLINEスタンプの配布があります。

企業は、スタンプや最新情報、クーポンなど消費者のメリットとなるものを提供して、公式LINEとしてLINE@に友だち登録する方法を使います。

友だち登録してもらうことで、新商品の紹介や季節商品など自社で売り込みたい商品を自然に知ってもらうことができます。

この利用方法によって、企業は大きな利益を上げるきっかけを作ることができます。

CMなど莫大な広告費を削減して、商品を宣伝できるというメリットもあるので、多くの企業もLINE@を利用するようになりました。

 

LINE@の使い方で料金プランの変更の必要?料金改定の概要も

 

 

LINE@は、使い方によって、無料プランと有料プランの合計3つの料金プランがあります。

2016年7月以前は、料金プランが2つのみでしたが、料金改定による料金プランの改定で現在は3プランあり

  • フリー
  • ベーシック
  • プロ

に分かれています。

 

料金プランを変更するのが面倒という方や、有料の料金プランは必要なの?と悩まれている方も少なくありません。

後ほど、解説しますが、無料プランでは、『1000通』まで無料利用ができるので、LINE@を利用して、その後に有料プランに変更するのも方法としてありだと思います。

 

LINE@の使い方の前に料金形態と料金設定と支払い方法とは?

 

 

前項でも、お話をしましたが、LINE@では3つの料金プランが設定されています。

各料金プランについては、下記表を参考にしてください。

フリー ベーシック プロ
費用 月額 0円 5,400円(税込) 21,600円(税込)
機能 メッセージ配信 ターゲットリーチ数 ターゲットリーチ数 ターゲットリーチ数
吹き出し数1,000通まで 5,000人以内無制限 100,000人以内無制限
タイムライン投稿 4回/月 無制限 無制限
1:1トーク
LINE@アプリ
クーポン機能
リサーチページ
LINEショップカード
アカウントページ
アカウントページの広告・ おすすめ非表示 ×
リッチメッセ ×
動画メッセ ×
音声メッセ ×
リッチビデオメッセ × ×
友だち属性表示 (性別、年齢、地域等) × ×
ターゲティングメッセ (属性別に配信) × ×
リッチメニュー ×

 

LINE@に慣れるまでは、無料の料金プランでも、全然問題無く利用できると思います。

上限に達する、もしくはもっと高度なマーケティングの利用を考えている方などは、有料プランを利用してみるのも良いかと思います。

 

支払方法

LINE@の料金の支払いについては、2つの方法があります。

  • クレジットカード決済(Paypal)
  • 現金支払い(1年一括支払いのみ)

の2つから選びます。

 

またベーシック・プロのお支払いに関しての注意事項があり、クレジットカード決済(Paypal)で、同じ月内からプラン変更をする場合は、

当月分の1回決済+翌月以降の定期決済 合計2回

の決済が必要になります。

LINE@の使い方を初心者でも簡単にできる方法を徹底解説

 

 

LINE@は、注目される理由というのが、登録者への到達率と開封率の高さです。

しかし、それ以外にも、メリットがあります。

それが、初心者でも簡単に使うことができるということです。

メルマガなどは、各社のそれぞれのシステムを利用したりする点、使い方が、複雑であることがあります。

しかしLINE@を使う方法は、直感的に使うことが可能です。

 

また、メルマガのように内容を高度に考えなくても大丈夫というメリットがあります。

メルマガのように、高度に伏線を作ったり、長い文章を書く必要がないので、初心者でも簡単に利用できます。

LINE@の使い方 PC版はダウンロードではなく、アカウント登録をブラウザで行う

 

 

LINEのインストールは簡単です。

スマートフォンの場合は、アプリ検索を行えばすぐに見つかりますので後は、インストールすればOKです。

PC版のLINE@は、ソフトやアプリは必要ありません。(通常のLINEアカウントを事前に用意する必要があります。)

PCでお使いのブラウザからLINE@の公式ページに移動して、ログインすればPCでLINE@を利用することができます。

 

LINE@の使い方 PCから登録してアカウント作成

 

 

LINE@を使い方として、PCの場合は、登録から始めます。

まずは、PCからLINE@公式ページに移動します。

 

通常のLINEで設定している『メールアドレス』『パスワード』を入力してログインします。

続いて、個人情報、会社情報の入力項目があるので、入力して申請を行います。

以上で、アカウントの作成が行われて終了となります。

メールアドレスの登録などわからない点は下記公式ページを参考にしてください。

 

 >>>LINE@公式ページ<<<

 

LINE@の使い方は管理画面がなくても大丈夫!マニュアルなしでも利用できる手軽なツール!

LINE@の使い方は、直感的に使いやすくマニュアルがなくても、なんとなく利用できる形になっています。

これはとても画期的で、ほかのツールよりも、使うための敷居が低いです。

もともとがLINEを日常的に使っているという、慣れの部分もあるのですが、管理画面を見るだけで、使い道がわかってしまうということがあります。

 

LINE@の使い方 管理画面へのログイン方法ログインできない時は?PC版

 

LINE@にログインするためは、パスワードが必要となります。

また、意外と多いのが、LINE@へのログインができなくなってしまったという場合です。

このような事態の場合など、どのようにすればいいのか説明をしていきたいと思います。

 

LINE@使い方でログインでパスワードを忘れた場合

 

LINE@は、一般的なアプリである『LINEのアカウント』にログイン権限があります。

つまりLINEアカウントでログインする仕様になっています。

ログインができない場合には、LINEを開いてアカウント情報を見るのが解決につながります。

 

しかし、以下の状況に該当される場合は、ログインできなくなります。

 

  • LINE@を管理していた担当者(管理者)が変わりログインに利用していたLINEが不明で、ログインに利用するメールアドレス、パスワードがわからない
  • LINE@のログインに利用していたLINEアカウントが登録された端末が手元にない、解約した
  • LINE@のログインに利用していたLINEアカウントの引継ぎに失敗した、削除した

 

該当のLINEアカウントをご利用のスマートフォンが手元にある場合は、登録メールアドレス・パスワードの確認(再設定)でログインが可能です。

 

LINE@使い方と機能「応答モード」について

 

 

LINE@でよく利用されるのが、自動応答モードです。

この機能は「自動応答メッセージ」というもので、友だちになっているユーザーがトークで話しかけてきた際に、システムが自動的に返信をする機能です。

初期設定では、1種類のメッセージが用意されています。

応答メッセージ機能の有効的な使い方としては、このようにメッセージが来るという内容を事前に考えて質問や予約など、問い合わせ先を含めた内容に変更することがおすすめです。

※注意として:1対1でやり取りを行う「1:1トーク」との併用はできません。自動応答かどちらの機能で対応するかを決めましょう。

自動メッセージ応答のコツ

  • 自動応答メッセージは最大200個まで設定が可能
  • メッセージを表示させる日付や時間帯を指定することが可能
  • 電話番号やメールアドレスなどのお問い合わせ先の掲載

 

LINE@使い方と機能「クーポン」について

 

 

店舗などの集客で、おすすめで効果的な方法というのが、「クーポン」を利用した方法です。

LINE@ではクーポンの機能が利用でき、気軽に作成することができます。

また、作成したクーポンを、メッセージやアンケートや友達追加の際に利用することができます。

クーポンを事前に着けることで、友達追加の登録の申請率が高まります。

 

友達申請をした人が使いたくなる内容のクーポンを配信して来店のきっかけを作りましょう。

 

 

LINE@の使い方機能「ショップカード」について

LINE ショップカードは、LINE@アプリ内で『LINE@アカウント専用のポイントカード』を作成できる機能です。

店舗など友だち追加をしてくれた、お客様にLINE上でポイントカードの配布および、QRコードでのポイント付与、ポイントが貯まった際の特典チケットを作成・配信することが可能です。

また、ショップカードの配布枚数に制限は無ないので、LINE@を利用してる方であればアカウント種別に関わらず、誰でも“無料”で“何枚でも”配布することができます。

 

この機能は、ただポイントカードをつくれるだけではないんです。

今まで、紙媒体などのポイントカードですと、ポイントカード作成・印刷費用が必要でした。

LINE@を使ってポイントカードを作ることで、作成費用を“0円”にすることができ経費を大幅に削減することが可能です。

 

さらに、ポイントカードは、無くしたり、忘れてしまったりとお客に定着しない場合がありますが、スマホは日常から利用します。

 

LINE上にポイントカードがあれば、LINE@の特徴であり強みのリピーター獲得をさらに強化することができます。

LINE@を使うことで、ポイントカード(ショップカード)の統計情報を見ることができます。

統計情報では、配布したカード枚数や日時、ポイントの配布状況、特典チケットの取得状況などのお客様の反応を、細かく見ることができます。

 

LINE@の使い方と機能「統計情報」について

 

 

LINE@では、登録者の増減など統計機能を見ることができる機能が付いています。

統計機能の使い方を理解することで、どのような情報や発信方法が効果的に登録者を増やすことができるのか?登録者の反応が高いメッセージを理解することができます。

LINE@の「統計情報」の使い方ですが、LINE@の「管理」の中にある「統計情報」を選択します。

  • 有効友だち数(累計)
  • ブロック/友だち解除数(累計)
  • 友だち追加(フォロー)数(指定期間)

を見ることができます。

この機能を活用することで、「いつ登録したのか?友達の増加数は?」などの情報が見れます。

 

プロプラン(友だち数が100人を超えている)は、有効友だち数が100人を超えている場合、確認できる統計情報の種類がより細かくなります。

  • 性別
  • 年齢
  • 地域

を確認することができます。

 

これらの情報はマーケティングをやるうえでとても重要で、登録してくれた人の属性を把握することでき、どのような配信方法がより効果が高いのか知ることができます。

 

LINE@の使い方と機能「ホーム」について

 

 

『ホーム』は、通常のLINEでいう『タイムライン』のことです。

ホームでも統計情報を見ることができます。

  • PV数(ページビュー)※記事が読まれた回数
  • UU数(ユニークユーザー)※ホームに来た人数になります。
  • 投稿数
  • いいね数
  • コメント数
  • 共有数
  • 期間指定可能

ホーム投稿をした際に、どれぐらい反応があったのか確認する際にとても便利です。

 

LINE@の使い方と機能「フォローを集める」について

 

LINE@アプリから友だち集めるためのツールを利用することができます。

自分、自社のLINE@のアカウントを知ってもらうため、自社や店舗のホームページやブログにQRコードや友だち追加ボタンを設置します。

またPC版管理画面からポスターやノベルティを作成して店内に設置したりアピールすることで、フォロワーを増やす事ができます。

 

フォロワー(友だち)を増やすための方法は、いくつか存在します。

 

・SNSやメールを利用する

様々なツールに対応した形で友だち追加URLを作成したり、QRコードを生成したりすることができます。

 

・印刷物やノベルティー利用する ※PC版で利用できるツール

一般アカウントの方が『アカウントの承認』を押すと、認証済みアカウントの申請が行えます。

認証済みアカウントになると、印刷物の作成やノベルティ(※有料)をPC版管理画面から発注することができます。

 

・自己作成

『LINE@のロゴ利用ガイドのページに移動する』を押すと、LINE@のデータをダウンロードできるページに移動します。

ダウンロードしたロゴデータを利用することで、ポスターなどを自作することができます。

 

・.LINEの検索から集める

通常のLINEの検索結果に表示させることができ、検索しやすいIDへの変更ができます。

 

LINE@ ログインが複数の時、ユーザー数の上限は何人?

 

 

LINE@(ラインアット)は、管理画面にログインできるユーザーを増やすことができます。

※「管理者」とは、LINE@アカウントを運用するためのすべての権限をもつ担当者のことです。

ユーザー数の上限は何人まで対応しているのかについてですが、

LINE@の管理人は、

・フリープラン:20名
・ベーシック、プロプラン:100名

となっています。

 

またログインできるユーザーを追加する時に、以下から選択して、付与することができます。

運用権限の種類

・管理者

アカウントを作成した人に付与される権限です。

「管理者」のみ「メンバー管理」(メンバーの追加や削除)や「プロフィール写真の変更」が可能

 

・運用担当者

「メンバー管理」以外の機能を全て扱える権限

 

・運用担当者(送信権限なし)

「メンバー管理」と「送信」以外の機能を利用できる権限。

メッセージやホーム(タイムライン)の内容作成は可能、しかし配信の作業はできません。

 

・運用担当者(統計権限なし)

「メンバー管理」と「統計情報」以外の機能を利用できる権限

管理画面内の統計情報を閲覧することができない。

これら、権限などを考えて、LINE@を複数で利用する場合のプランを考えてみるといいかと思います。

 

LINE@の使い方PCで 絵文字を利用することはできるのか?

 

 

LINE@で、メッセージを配信する時に、デコレーションをして、見てくれる人にインパクトのあるメッセージを送りたいと思いますよね?

LINE@で絵文字やスタンプを利用することができます

※有料のスタンプなどは対応外になっています。

PC版でも、同様に利用することができるので、反応の高いメッセージを作ることができます。

 

LINE@ 使い方ロゴの使用や フォントサイズを変更する方法

 

 

「自分たちで作る告知ツールにLINE@のロゴやアイコンを利用したい」という方も多いかと思います。

 

LINE@のロゴやアイコンは、「自己のLINE@アカウントを紹介する目的にのみ」ダウンロードし、無償で利用することができます。

一般のLINEでは、フォント、フォントサイズ変更(閲覧のみ)ができますが、LINE@では、機能がないので利用することができません。

 

LINE@で友達追加されない理由と原因その解決策とは?

LINE@を利用してフォロワーを増やしていく際に、友達追加されないということがあると大変です!

もしも、このような状態があった場合の理由と原因と解決策について説明をします。

 

・QRコードが異なる、URLが異なる

LINE@では、複数のアカウント利用ができます。

そのため、過去に作成したQRやURLである可能性があります。

すでにアカウントが存在しない可能性があります。

 

・QRを読み取ったが追加できない

この場合、通常のLINEのバグやアプリに異常が起こっている可能性があります。

一度、再起動をしてみると直ることが多いので電源を入れなおしてみてください。

 

LINE@で友達追加時あいさつの使い方と方法とは?

 

 

『友だち追加時あいさつ』はユーザーが友だち追加を行った際に自動で返信されるメッセージです。

登録して初めてのメッセージなので、印象がよいメッセージが好ましいです。

デフォルトでもメッセージも用意されていますが、自分の用途とは異なることもあるかと思います。

挨拶にくわえて、自分のサービスや、今後どのような内容を配信するかについて書くのが好ましいと思います。

LINE@アカウントを友だち追加しているメリットを感じる内容が重要です。

  • アカウントの紹介
  • 今後の「配信頻度」「どのような情報を流すのか」
  • 通知のON・OFFの案内
  • 友だち追加時のクーポンなど

相手に喜んでもらえる内容を考えれば、挨拶は簡単に作れると思います。

 

LINE@の配信方法と内容でブロックを減らす

 

 

LINE@では配信する内容によってブロック率が左右される異なります.

 

LINEはデフォルトでプッシュ通知機能が働くため、ユーザーにとって”不必要なメッセージ”も目立つことになってしまいます。

登録者にとって価値のない情報やメッセージを何度も送ると、ブロックされる対象になります。

 

LINEは簡単にブロックできるので、興味を引くコンテンツ作成と、ブロックされにくくなります。

配信方法を考えて、簡単なブロック防止のための内容について説明をしてきます。

 

『初メッセージ』は、友だち追加時に、顧客にお得と感じてもらえる特典を贈るのが効果的です。

また自動返信機能を活用して『クーポン』など、店舗利用やお店を利用してもらうための配信が効果的です。

実際に、自分、自社の商品やサービスを利用してもらうことで、売り上げの向上とともに、リピーターの獲得につながります。

あとは、ある程度の期間を開けて(1週間~月1度程度)、顧客にとってメリットなる情報やクーポンなどのサービスを提供していくことが可能です。

もちろん、メリットとなる情報やブランディングが、既にあるのであれば、毎日の配信も効果的です。

 

LINE@の集客は現在最高のマーケティングツール

 

 

LINE@は、現在使われるマーケティングツールの中でも、最高に効果的である集客ツールです。

利用者が多く、手軽に使えるという点も多くのメリットがあります。

LINE@を使うにあたりどのようにマネタイズに繋げて行けばいいのか?

LINE@の使い方を間違えてしまうと、それだけで集客と販売の仕組みが構築することができず、マーケティングが上手くいかなくなります。

 

LINE@の集客はマーケティングによるマネタイズによる仕組み作りの方法

 

 

LINE@は、優れたツールですが、LINE@単体では、マーケティングとしての効果を最大限に使うことができません。

LINE@を使うには、他のツールと一緒に利用することで、効果を最大限まで高める事ができます。

一緒に利用するツールは、様々ありますが、多く利用されている方法が

  • Blog(ホームページ)
  • メールマガジン
  • youtube
  • Facebook

これらのツールにLINE@への友だち登録のURLやQRコードを付随することで、LINE@への登録を促し、商品やサービスへの購入や顧客との信頼関係構築を行っていきます。

また店舗の場合には、個人の場合と異なり、お店のポスターやチラシからLINE@への登録を促すことが出来ます。

LINE@を使った宣伝方法は、より効果が高く出やすいのでぜひ利用してみてください。

 

LINE@とメルマガ、どちらが使えば成果が出るのか?

 

 

よくある質問ですが、『LINE@』と『メルマガ』どちらが成果がでるのか?

マーケティングツールとして利用されている方は、特に気になると思います。

正解は、『どららとも使いましょう!』ということです。

メールマガジンもLINE@の双方ともに、メリットやデメリットがあります。

メルマガの足りない部分をLINE@がフォローして、LINE@が足りない部分をメルマガがフォローしていく戦略が、一番効果的です。

どちらのツールであっても、見るのは顧客です。

顧客にどのツールが響くのかわからない以上、双方アプローチを行うことが、戦略として効果的です。

 

LINE@集客すれば継続的に商品やサービスの販売が可能

LINE@で集客を行うことで、継続的に商品やサービスの販売をする事が可能になります。

LINE@は、メルマガと同じように、マーケティングのツールとして使えます。

しかも、到達率と開封率もほぼ100%なので、より高いコンバージョン率を得ることが可能です。

マネタイズをする上で、まず顧客に自分の商品やサービスを知ってもらうということは、大前提です。

これは、個人であっても、店舗であっても変わりません。

しかし、広告にしろ、顧客に知ってもらうには、投資が必要となります。

そうなると、個人では限界が出てきてしまいます。

その点、LINE@であれば、一度、友だち登録をしてもらえれば、ブロックをされない限り、商品とサービスを提供し続けることができます。

これが継続性を生み、何度も商品を販売することが出来る理由です。

LINEは、日本国内では、ほとんどの方が利用しているコミュニケーションツールです。

しかも、LINE@を使うのは初心者でもマニュアルがなくとも、直感的に利用することもできます。

またクーポンやポイントカード、さらにはポスターなどノベルティーの作成もすることが出来ます。

マーケティングをするうえで、有効な機能がたくさん備わっています。

LINEを使った方法はこれからもまだまだ効果的なので、ぜびおすすめしたいと思います。